それは、東北と日本中を笑顔でつなぐプロジェクト
取材一覧を見る
中学生記者の感想

小椋将史くん(岡山市立京山中学校1年)

小椋将史くん(岡山県/岡山市立京山中学校1年)
実際に震災当時の話を聞くと、やっぱり大変な出来事だったんだなと感じました。そして、震災後の今、良い方向に進んでいる事と悪い状況にある事の両方があることも知り、岡山に帰ったら今日の事について話をしたいと思いました。

金城 美穂さん(立命館慶祥中学校3年)

金城 美穂さん(北海道/立命館慶祥中学校3年)
復興へ前向きに取り組み、被災地の人々に協力してくれる人たちがたくさんいることを知りましたが、被害のあった場所を見ると、まだまだ大変な状況にあるのだとも感じました。

飯塚 恵さん(新潟市立鳥屋野中学校3年)

飯塚 恵さん(新潟県/新潟市立鳥屋野中学校3年)
これまで、震災についてはテレビを通してしか知ることができませんでしたが、3人の方のお話を聞いたことで、今の石巻の状況をもっと他の人にも伝えなければと強く思いました。

松尾美乃里さん(久留米市立牟田山中学校1年)

松尾美乃里さん(福岡県/久留米市立牟田山中学校1年)
新聞やテレビだけで知ったつもりになるのではなくて、実際に現地を訪れて自分の目で見ることで、被災地の現状を知ることが大事なのだと思いました。

二瓶太一くん(東海中学校3年)

二瓶太一くん(愛知県/東海中学校3年)
実際に、被災地の方々の興味深い話が聞けたことが良かったです。震災に関するお話はマイナス面だけかと思っていたのですが、人同士のつながりや支え合いといったプラス面についても話が聞けて驚いています。

ロザンの『いっしょに考えよう』コーナー
  • ロザン 菅さん パイプ役として呼ばれたんですが、全然パイプはいらんかったかなと(笑)。中学生のみなさん、すごくしっかりとした考えのもと質問をしていて、ちょっとビックリしました。
  • 本当、僕らは必要か!?っていう(笑)。 ロザン 宇治原さん
  • ロザン 菅さん 鋭い質問もあって、僕らに切り返されたらどうしようか、ドキドキしました。
  • 事前に考えて質問を用意してくれていたとは思いますが、話し出したらどんどん質問が出てくるし、カメラもよくシャッターを切っていたし、取材メモをとるのも早かったし、一流の記者さんだと思いましたね。 ロザン 宇治原さん
  • ロザン 菅さん どの場所で、どの時点で被災地を見るかが大事なんでしょうね。直後と今では、復興の進み具合が分かりますし。僕らは、4月に事前視察で訪れましたが、今回は門脇小学校も見ることができて、改めて震災被害に恐ろしさを感じました。
  • 被災地という一括りだけでは見られませんね。復興が進んでいる場所もあるでしょうし、いまだ瓦礫のままというところもありますし。もう2年経過して仕事に戻っている方もいて、復興の状況に差ができているような気もしました。その格差にプラス・マイナスの両面があったりするんでしょうけどね。僕らは画面を通じてだけ見た被災地を、一括りにし過ぎていたんだなと痛感しました。 ロザン 宇治原さん
  • ロザン 菅さん 次回は、もうちょっと幼い中学生を連れてきて欲しいかな(笑)
  • 僕らの役割が無くなるからな!(笑)。 ロザン 宇治原さん
  • ロザン 菅さん でも、今時の中学生がこんなにしっかりとしていることが分かってうれしかったです。
  • 次回は、僕らも気をしっかり引き締めていかんとな(笑)。 ロザン 宇治原さん
編集後記 -スマイルとうほくプロジェクト事務局より-

中学生記者を交えて、初めての取材となりました。現実を目の前にして、中学生がどのような反応をするのだろう、衝撃が強く目を背けてしまうのではないだろうか、といった不安を抱えながらのスタートでしたが、杞憂に終わりました。

みんなが真剣に、被災地の『いま』が抱える課題や希望・・・少しでも理解し、自分たちでも伝えたいという思いで勇気を出して質問し、メモを走らせ写真を撮ってくれていました。

波に多くを奪われながらも、「自分の体に流れる血の半分は潮水なんじゃないか」と話し、浜の再生を目指す亀山さん。「自分一人の力ではどうにもならないと思い知り、みなさんと一緒に協力して乗り越えていこうという気持ちになりましたね」と語る平塚社長。

「みんなが考え、そのための場所作りをしてできたのが浜人なんです」と笑顔で話す阿部さん。

震災をきっかけに「いままでは気付かなかったこと」を活かし前向きに取り組む3人に共通するのは、またこの“場所”が人の集まる場所にしたい、という諦めない姿でもありました。

今回の取材を通じ、参加してくれた中学生記者の皆さんがまたそれぞれの地元で被災地の『いま』を伝えてくださることを願いたいと思います。


次回の取材は、岩手県陸前高田市です。

今回の取材を通じ、参加してくれた中学生記者の皆さんがまたそれぞれの地元で被災地の『いま』を伝えてくださることを願いたいと思います。 (C)Natsuki YASUDA / studio AFTERMODE

支え合って生きる強さと、若き漁師たちの情熱。

第3回 インフラが破壊された街で、コミュニティの大切さを学ぶ 岩手県陸前高田市を見る

  • 第2回 宮城県石巻市
  • 第3回 岩手県陸前高田市
  • 第4回 福島県南相馬市
  • 第5回 宮城県名取市
  • 第6回 岩手県釜石市
  • 第7回 福島県会津美里町・会津若松市
  • 第8回 宮城県南三陸町
  • 第9回 岩手県宮古市
  • 第10回 福島県いわき市
中学生が見た被災地の今フォトギャラリー
  • 第2回 宮城県石巻市
    • 岡山県 小椋将史くん
    • 北海道 金城 美穂さん
    • 新潟県 飯塚 恵さん
    • 福岡県 松尾美乃里さん
    • 愛知県 二瓶太一くん
  • 第3回 岩手県陸前高田市
    • 福井県 津田伊織くん
    • 香川県 横井美咲さん
    • 茨城県 浦野りょうさん
    • 沖縄県 比嘉良仁くん
    • 富山県 矢野司くん
  • 第4回 福島県南相馬市
    • 埼玉県 西村和紘くん
    • 広島県 中野萌さん
    • 岐阜県 多田優実花さん
    • 秋田県 加賀隼人くん
    • 徳島県 池内勇太くん
  • 第7回 福島県 会津美里町・会津若松市
    • 青森県 清藤瑞生くん
    • 長野県 南河凛さん
    • 沖縄県 福里奈々さん
    • 奈良県 正岡ひかるさん
    • 埼玉県 新堀雄大くん
  • 第10回 福島県 いわき市
    • 大分県 村松樹くん
    • 神奈川県 下川原絢菜さん
    • 滋賀県 正岡碧海さん
中学生被災地レポート新聞