それは、東北と日本中を笑顔でつなぐプロジェクト
取材一覧を見る
中学生記者の感想

武田友美さん(静岡県/静岡市立清水両河内中学校2年)

武田友美さん(静岡県/静岡市立清水両河内中学校2年)
実際に現地に来ると、テレビなどを通して見るよりも実感がわき、逃げ遅れた人もいたという事実が心に迫りました。地元に帰ったら、今日、見聞きしたことをありのままに伝えていきたいと思っています。

松下美優さん(千葉県/流山市立東部中学校3年)

松下美優さん(千葉県/流山市立東部中学校3年)
壊れてしまった建物や被害にあった場所を自分の目で見ることで、いろいろ感じ取れることがたくさんありました。特に、ホテルで津波の映像を見た時、この恐ろしい出来事が確かにあったのだと理解し、もし自分がその場所にいたらちゃんと避難できたか、ということを考えさせられました。

竹田碧泉さん(山口県/下関市立夢が丘中学校2年)

竹田碧泉さん(山口県/下関市立夢が丘中学校2年)
自分の目で見て、いろいろな方から話を聞いて、この震災がとても大変なことだったと改めて分かりました。そして、それが決して人ごとではなく、今日の取材についてしっかり他の人にも伝えなければいけないと感じました。

宮﨑啓太郎くん(宮崎県/宮崎市立青島中学校3年)

宮﨑啓太郎くん(宮崎県/宮崎市立青島中学校3年)
テレビ番組などを見て、十分に悲惨な状況だと分かって取材に臨んだのですが、実際に被災地に来て体感したことで、まだまだ知るべきことがあったと感じました。たろう観光ホテルで見た津波の映像は、本当に衝撃的でした。

今村 碧くん(長崎県/長崎市立土井首中学校3年)

今村 碧くん(長崎県/長崎市立土井首中学校3年)
初めて東北に来たのですが、やはり百聞は一見にしかずだと思いました。三陸鉄道の再開に地元住民が団結して支えてきたという話などは、これからもっと知るべきだと思うし、津波は恐ろしいけれど、これからも海とともに生きていきたいと願う人々の考えにももっと触れてみたいと思いました。

ロザンの『いっしょに考えよう』コーナー
列車の中で、中学生と真剣に話すロザン。

列車の中で、中学生と真剣に話すロザン。

  • ロザン 宇治原さん 田老地区は、過去の津波被害があったことで、世界一の防潮堤も含めて防災に関する備えがあり、住民の方も意識が高い土地柄ですよね。そんな過去の事例に学んだ方が多いはずなのに、亡くなったり行方不明になったりした方が多かったのは、震災というのがあまりに突然にやってきて、十分な備えをしている人でも油断できない恐ろしさがあるのだと痛感しました。
  • ロザン 菅さん あんな巨大な防潮堤なんて、他にはなかなか無いですもんね。
  • ロザン 宇治原さん 我々も普段、まさか自分の住んでいる土地では大丈夫だろうと思っていますから、自然災害に対して適切に避難できるかあやしいですね。
  • ロザン 菅さん もし災害が起きたとしても、それを防いで守ってくれる何かを、誰かが造っていてくれているだろうという勝手な思い込みはあるのかもしれませんね。
  • ロザン 宇治原さん その誰かって、一体誰やろね(苦笑)。
  • ロザン 菅さん さっき防潮堤の上で聞いた、「あらゆる津波にでも耐えられる防潮堤なんて造れません」という回答が、とても心に響きました…。
  • ロザン 宇治原さん たろう観光ホテルで見た、あの津波の映像も凄まじかったですね〜!
  • ロザン 菅さん 震災当日は、これよりも気温が低い上、水に浸かっていたんでしょ?
  • ロザン 宇治原さん この厳しい気候条件も、まさに現地に来ないと分からいことでした。あと体感していないのは当時の臭い(におい)ですけど、これは(時間が経っていて)無理でしょうけど。
  • ロザン 菅さん 今日より、震災の日の方がもっと寒かったなんて、本当に想像を絶する体験です…。
編集後記 -スマイルとうほくプロジェクト事務局より-

今回の取材は「インフラ整備とまちづくり」をテーマに宮古市を訪れました。最初に、自宅を津波で流出しながらも復興の舵取りを行なう山本市長に震災直後から現在までの経過をお聞きしました。「つらいのは被災地が忘れ去られること。常に気に掛けてもらえるだけで励ましになる」という言葉に震災を風化させてはいけないという活動の原点を改めて認識。街の原風景をわからない中学生記者たちが「この地には震災前どのような日常が存在したのか?」「今この土地がどのような問題に直面しているのか」を理解しようと真剣に質問する姿が印象的でした。


次に、4月に全線復旧を控える三陸鉄道本社では望月社長に、住民の足を守るため、鉄路復旧を早期に決断した震災直後の状況を取材。「地元の鉄道が、地元の人のために」という想いに胸が熱くなりました。


その後訪れた田老地区では震災遺構での保存が決定した「たろう観光ホテル」と“万里の長城”ともいわれた防潮堤を取材。同地区は過去にも明治・昭和の三陸大津波でそれぞれ1,000人以上の犠牲者を出した辛い過去を持ち、防災意識は県内でもトップレベルでした。たろう観光ホテルの松本勇毅社長は「この防潮堤があることで犠牲者が増えたのかもしれない」と当時を振り返りました。松本社長はあの日4階まで津波の襲来をうけて破壊された同ホテルに現在も住み、津波襲来の瞬間をとらえた映像を見せながら、訪れる人々に当時の様子を伝え続けています。


全長2,600m、建設に45年を要した大防潮堤が木端微塵になっている様子を目の当たりにし、人間の作り出したものがいかに自然に抗えないかということを痛感させられました。これからのまちづくりには「防ぐための防災」ではなく、逃げる(避難する)という視点でのインフラ整備を期待したいと感じています。今回取材にあたった5名の中学生記者が今このときも自分の故郷で被災地の『いま』を語り継いでくれていることを現地の人間として、心から願っています。

被害を減らすのは、住民それぞれの防災の備え。

第10回 'ふるさと'への想い 福島県 いわき市を見る

  • 第2回 宮城県石巻市
  • 第3回 岩手県陸前高田市
  • 第4回 福島県南相馬市
  • 第5回 宮城県名取市
  • 第6回 岩手県釜石市
  • 第7回 福島県会津美里町・会津若松市
  • 第8回 宮城県南三陸町
  • 第9回 岩手県宮古市
  • 第10回 福島県いわき市
中学生が見た被災地の今フォトギャラリー
  • 第2回 宮城県石巻市
    • 岡山県 小椋将史くん
    • 北海道 金城 美穂さん
    • 新潟県 飯塚 恵さん
    • 福岡県 松尾美乃里さん
    • 愛知県 二瓶太一くん
  • 第3回 岩手県陸前高田市
    • 福井県 津田伊織くん
    • 香川県 横井美咲さん
    • 茨城県 浦野りょうさん
    • 沖縄県 比嘉良仁くん
    • 富山県 矢野司くん
  • 第4回 福島県南相馬市
    • 埼玉県 西村和紘くん
    • 広島県 中野萌さん
    • 岐阜県 多田優実花さん
    • 秋田県 加賀隼人くん
    • 徳島県 池内勇太くん
  • 第7回 福島県 会津美里町・会津若松市
    • 青森県 清藤瑞生くん
    • 長野県 南河凛さん
    • 沖縄県 福里奈々さん
    • 奈良県 正岡ひかるさん
    • 埼玉県 新堀雄大くん
  • 第10回 福島県 いわき市
    • 大分県 村松樹くん
    • 神奈川県 下川原絢菜さん
    • 滋賀県 正岡碧海さん
中学生被災地レポート新聞